最終手段は自己破産

任意整理も不可能、民事再生もできないとなった場合には、最終手段として自己破産を選択するしかなくなります。自己破産は借金を返済する義務がなくなるものの、デメリットもたくさんあるので安易に選択するべきではありません。しかも税金の支払いに関しては、支払い義務が引き続き生じてしまうので、決して自己破産をしたから楽になるというわけではないのです。

基本的に生活していく上での必需品以外は全て没収されてしまうというデメリットもあるので、よく弁護士と相談をして、できる限り別の方法で借金返済を考えるべきでしょう。弁護士の中にもいろいろな人がいるので、まずは借金問題に詳しく、しっかりとした実績を持っていること、安心して相談ができること、多くの人が相談をよせている弁護士に無料相談するべきです。

また、自己破産しか道がなくなる前に、弁護士に相談することも大切になります。借金というのは、ある程度増えてしまうとどんどん芋づる式に増えていくことが多くなってしまいますし、中には借金を返済するためにまた借金をするという自転車操業になってしまうこともあるのです。このような生活をしていれば、当然最終的に自己破産に追い込まれてしまうので、早めの対策が必要になります。

民事再生で借金返済

弁護士に借金について相談をした場合、任意整理で問題なければよいのですが、明らかに任意整理でも返済できる見込みがないと判断した場合には、民事再生という方法をとります。民事再生というのは、簡単に言えば分割返済のことです。比較的支払額が大きな借金に返済に用いられています。しかも自己破産をした場合には、没収されてしまう一部の財産も残してもらえるのです。

しかも資格制限が特に設けられていないので、かなり助かる債務整理だと言えるでしょう。ただし、あまりにも借金の額が大きくて、返済することが不可能だと判断されれば、当然民事再生を行うこともできません。そのため、通常は任意整理できちんと返済できる金額のみ借りることが重要になるのです。あまり金額が大きすぎると、どのような方法でも返済できなくなるでしょう。

また、民事再生にも2つの種類が存在しています。1つ目は小規模個人再生で、借金の金額が5000万円以下であること、住宅ローンではないこと、継続して収入が得られることが条件となっているのです。2つ目は給与所得者等再生で、継続して安定した収入が得られる人が利用できます。もっと詳しい内容は、弁護士に相談をしてみましょう。もちろん無料相談であるのかきちんと確認してからでなければいけません。

一般的な任意整理

弁護士へ借金の返済相談を行った場合、最初にいろいろと詳しいことを聞かれるでしょう。債務整理の際には、通常無料相談となっているものの、場合によっては料金を請求される可能性もあるので、事前に無料相談であることを確認しておく必要があります。債務整理を行う際には、任意整理と呼ばれている方法をとることが多くなっています。最も一般的な債務整理の方法で、金利をカットして元本のみの返済となるのです。

そのため、かなり借金の返済が楽になるのですが、誰でも任意整理を受けられるというわけではありません。第一にきちんと定期的な収入が見込めるのか、第二に任意整理を行った場合には、3年以内に返済できるぐらいの金額であるのかが重要で、これらの条件に当てはまらない場合には、任意整理ができなくなる場合もあるのです。

もちろん素人では判断できないので、弁護士に相談をする必要があるでしょう。弁護士にもいろいろな人がいるので、できる限り債務整理に詳しい弁護士でなければいけません。そして親身になって相談に乗ってくれること、相談料が無料であることなどを確かめてから依頼しましょう。そうしないと弁護士へ支払う費用が発生し、また借金が増えてしまう可能性もあるのです。

弁護士に依頼して解決

最近は政治家の悪政により、大増税が行われてしまいました。公共料金の値上げや医療費の値上げ、しかも物価高により、日本人の生活は困窮していると言えるでしょう。そのため、仕方がなく借金をしてしまう人もいるのですが、借金というのはお金に困っている人が行うので、中には返済するのが難しくなってしまう場合もあるのです。もし借金の返済で困っている場合には、そのまま放置して置くのはよくありません。まずは借金問題に詳しい弁護士に相談をしましょう。

借金問題で相談する場合には、当然お金がない人になるので、大半の弁護士は無料で相談を受け付けています。しかし、借金をしたのは自己責任なので、弁護士に頼っても意味がないと考えている人もいるでしょう。実際には弁護士に相談をすることで、借金の返済が楽になるケースもあるのです。どのような方法で借金の支払いが楽になるのかというと、債務整理という方法をとります。債務整理というのは、簡単に言えば現在借りている借金についての見直しをする方法です。

過払い金請求も債務整理の一部だと言えるでしょう。過払い金請求というのは、支払いすぎている利息の一部を返済してもらう方法なのですが、中には過払い金請求を行ったことで、現在ある借金を返済したという人もいるのです。そのため、借金問題はまず弁護士に相談することが重要になります。当サイトでは借金返済のための無料相談や、どのような方法で借金の支払いを軽くするのかという点に注目して解説しています。