民事再生で借金返済

弁護士に借金について相談をした場合、任意整理で問題なければよいのですが、明らかに任意整理でも返済できる見込みがないと判断した場合には、民事再生という方法をとります。民事再生というのは、簡単に言えば分割返済のことです。比較的支払額が大きな借金に返済に用いられています。しかも自己破産をした場合には、没収されてしまう一部の財産も残してもらえるのです。

しかも資格制限が特に設けられていないので、かなり助かる債務整理だと言えるでしょう。ただし、あまりにも借金の額が大きくて、返済することが不可能だと判断されれば、当然民事再生を行うこともできません。そのため、通常は任意整理できちんと返済できる金額のみ借りることが重要になるのです。あまり金額が大きすぎると、どのような方法でも返済できなくなるでしょう。

また、民事再生にも2つの種類が存在しています。1つ目は小規模個人再生で、借金の金額が5000万円以下であること、住宅ローンではないこと、継続して収入が得られることが条件となっているのです。2つ目は給与所得者等再生で、継続して安定した収入が得られる人が利用できます。もっと詳しい内容は、弁護士に相談をしてみましょう。もちろん無料相談であるのかきちんと確認してからでなければいけません。