最終手段は自己破産

任意整理も不可能、民事再生もできないとなった場合には、最終手段として自己破産を選択するしかなくなります。自己破産は借金を返済する義務がなくなるものの、デメリットもたくさんあるので安易に選択するべきではありません。しかも税金の支払いに関しては、支払い義務が引き続き生じてしまうので、決して自己破産をしたから楽になるというわけではないのです。

基本的に生活していく上での必需品以外は全て没収されてしまうというデメリットもあるので、よく弁護士と相談をして、できる限り別の方法で借金返済を考えるべきでしょう。弁護士の中にもいろいろな人がいるので、まずは借金問題に詳しく、しっかりとした実績を持っていること、安心して相談ができること、多くの人が相談をよせている弁護士に無料相談するべきです。

また、自己破産しか道がなくなる前に、弁護士に相談することも大切になります。借金というのは、ある程度増えてしまうとどんどん芋づる式に増えていくことが多くなってしまいますし、中には借金を返済するためにまた借金をするという自転車操業になってしまうこともあるのです。このような生活をしていれば、当然最終的に自己破産に追い込まれてしまうので、早めの対策が必要になります。